マイホーム(家)を建てる♪

 ★マイホーム(家)を建てるまでの経緯を紹介★

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
P.R.
住宅メーカー・工務店
お助けサイト
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
おすすめサイト

引越しの見積もりを一括請求して、安いところにた依頼しよう♪
あると便利カーポートを格安価格で手に入れるにはこのサイト☆
せっかく建てたマイホームにあなただけの表札を準備しましょう★
新しい家には、かわいい食器や雑貨を揃えて楽しみませんか♪
ARCHIVES
RECENT COMMENT
サイト情報 etc.
LINKS
MOBILE
qrcode
不動産屋さん
 先日、土地を紹介して貰うために今度は別の『不動産屋』に行ってきましたとりあえずは、紹介して貰うために登録だけです
土地を見つけるにしても情報は多い方が良いので、いくつかの不動産屋さんに登録している人が多いようです

行ったその日も、いくつか物件を紹介して貰いましたがやっぱり希望に合うのはなく、また新しい物件が出れば連絡下さいと言う事で帰って来ました希望に合う土地に巡り合えるのはいつになるのかな~

| MY HOME | 23:27 | comments(1) | trackbacks(0) | - | -
不動産屋さん
先日、土地を紹介して貰うために『不動産屋』に行ってきました
とりあえずは、紹介して貰うために登録だけです

とりあえず今はこんな土地がありますよって言う紹介を受け、
土地を購入するにあたりどのぐらいのお金がMAX出せるかをもう少し明確にしておいた方が良いと言われました
それも土地を契約したのに、最終的に住宅ローンの融資がおりずに購入できなかったetc.の話を聞いたからです

これを聞いて確かに早めに自分がどれぐらいのお金を借りれるのか確認しに行こうと思いました

| MY HOME | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
住宅ローン金利
 家を建てる時には住宅ローンを組むと思いますが、現在の状況だと金利が『変動型』『固定型』のどちらが良いのでしょうか?

もちろん『変動型』だと金利が高くなった時に大変になるのは分かりますが・・・『固定型』だと借りる時点でTOTALの返済額がはっきりと分かりますが、固定型の金利でシミュレーションをすると返す金額がかなりUPします

みなさんはいったい『変動型』『固定型』どっちでローンを組まれている方が多いのでしょうか?

| MY HOME | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
建物価格
最近、いくつかの住宅メーカーの住宅展示を観に行ってます
そこで、だいたい家の価格を聞くわけですが、やはり住宅メーカーから出てくる価格は『2000万円~2500万円』ばかりです

坪単価で『55万円~60万円』になりますかね~
坪単価に関しては、一番費用がかかるのが水周りなので、家が大きくなればなるほど坪単価としては、安くなる事が多いようです

ちなみに私が考えている家の建坪は18坪~20坪(できれば)ぐらいですね~しかし、この価格の家を買おうと思うとかなりの決心と覚悟がいりますね~

| MY HOME | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
建坪
建築面積と似たような『建坪』と言う言葉もあります

似たようなものなのですが、厳密には建坪は建物を真上から見た時の1階部分の投影面積のことを言うようです少し違うことだけは憶えておきましょう

| MY HOME | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
建築面積
 家を建てるときに『建築面積』と言う言葉を聞きます
これは建物を真上から見たときの最大の投影面積のことを言うみたいです

たいていは1階の方が大きい気もしますが、例えば2階部分で1階より突き出ている部分があれば、そこを含めた面積が建築面積となります

建築面積は、建ぺい率を計算する時などに使われるので憶えておいた方が良いと思いますよ

| MY HOME | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
延べ床面積
 住宅のカタログを見ていると良く
『延べ床面積』と言う言葉を目にします

これは、各階の床面積を足したものになります
2階立てなら、1階の床面積と2階の床面積の合計になります

床面積には、吹き抜けやバルコニーの先端2m部分など含まれない
項目もあるようです

| MY HOME | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
住宅ローン
家を建てる時には住宅ローンを組むことになります
しかし、我が家がいったいどれだけのお金を借りれることができるのかが、よく分からないので、そのへんを早く住宅メーカーの人と話しておきたいですね

住宅メーカーの人には、家を建てる時には両親に相談し、お金を借りれるなら絶対借りた方が楽になると言われました借りる金額が大きいだけに利子だけもですごい金額になりますからね
よく雑誌には親からの援助で数百万円とか書いてあるのを目にしますが、羨ましい限りですね〜

| MY HOME | 23:52 | comments(1) | trackbacks(0) | - | -
諸費用の概算見積り
 家を建てるに当たって、
『建築費』『土地代』以外にも、何かと諸費用が必要となります。
先日、住宅展示場に行った際に諸費用の概算を教えて貰いました。

水道・電気の工事・手続きの費用・火災保険料・家を建てるための仮設工事費
etc.を全部足すとなんと『350万円』近くにもなりました。
ちなみにこれに庭を整備する費用・家を建てたときに買う家具・家電などを
加えると『500万円』ぐらいになるのではないかと考えています

つまり家を建てるときには、
『建築費』+『土地代』+『諸経費etc.(500万円)』ぐらいを見ておいた
方が良いと言われました。
これで始めて『建築費』と『土地代』にどれだけのお金を出すことができる
のかが見えてくるようです

しかし、諸経費がこんなにかかるなんて・・・

| MY HOME | 21:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
建ぺい率&容積率
家を建てるに当たって、
建ぺい率容積率と言うことばを耳にすると思います
建ぺい率と容積率の意味は以下のようになっています。

▼ 建ぺい率

 建ぺい率 = ( 建築面積 ÷ 敷地面積 )× 100

これで求められるのが建ぺい率となっています。

▼ 容積率

 容積率 = ( 延べ面積 ÷ 敷地面積 )× 100
    ※ 延べ面積 = 1階面積 + 2階面積

これで求められるのが建ぺい率となっています。
建ぺい率・容積率共に、用途地域の種類によって可能な範囲が
異なってきます。普通の住宅なら、建ぺい率が50%〜60%
ぐらいなんですかね〜
| MY HOME | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
このページの先頭へ
fx